一条兼良

编辑:森严网互动百科 时间:2019-11-20 05:13:00
编辑 锁定
一条兼良(いちじょう かねら 応永9年5月7日(1402年6月7日) - 文明13年4月2日(1481年4月30日))は、室町时代の公卿・摂政関白で古典学者である。正式には「かねよし」。父は関白一条経嗣。母は东坊城秀长女。桃华叟、三関老人、御成恩寺などと称した。
中文名
一条兼良
国    籍
日本
逝世日期
1481年
性    别

一条兼良一条禅阁兼良(1402-1482)

编辑
一条兼良(いちじょう かねら 応永9年5月7日(1402年6月7日) - 文明13年4月2日(1481年4月30日))は、室町时代の公卿・摂政関白で古典学者である。正式には「かねよし」。父は関白一条経嗣。母は东坊城秀长女。桃华叟、三関老人、御成恩寺などと称した。

一条兼良人物简介

编辑
永享4年(1432年)摂政となったが、间もなく辞退。応仁(1467年)元年1月、関白に还补させられたが、同年9月に応仁の乱が勃発し、一条室町の邸宅と文库「桃花坊」が焼失した。応仁2年(1468年)8月に、奈良兴福寺大乗院に子で门迹の寻尊を頼って身を寄せた。奈良でも讲书、著作に力を入れ、『花鸟余情』『日本书纪纂疏』を完成させる。文明9年(1477年)、応仁の乱が终息し、12月に帰京。9代将军足利义尚や生母日野富子の庇护をうける。富子の前で「源氏物语」を讲じ、『樵谈治要』を义尚に赠り、政道の指南にあたると共に公武を问わず好学の人々に学问を教えた。兼良は、当时の人々からは、「日本无双の才人」と评され、兼良自身、菅原道真以上の学者であると豪语しただけあって、その学问の対象は幅広く、有职故実の研究から、和歌、连歌、能楽などにも详しかった。また、古典では従来の研究を集大成し、神仏儒教の三教一致を说いた。 文明13年(1481年)4月2日薨去。享年80。その死に対して、「五百年来この才学无し」とまで惜しまれた。墓は京都东山东福寺常楽院にある。
室町后期廷臣,学者。关白一条经嗣之子,一条兼良是其姓名。任关白太政大臣。号后成恩寺。博学多才,通晓古典,佛教,擅长和歌,著有《尺素往来》,《公事根源》,《歌林良才集》,《日本纪纂疏》,《花鸟余情》,《樵谈治要》,《文明一统记》。
词条标签:
各国历史 历史 人物